ママさんの忙し日記

香取市注文住宅ウィズホームの社長ブログです。

201607/11

リセット住宅2016-2

梅雨が明けたんじゃないかと思うくらいの真夏の暑さですが、気象庁はまだ梅雨は明けていないと・・でも暑さも今日がピークで明日から30度には届かないそうですよ

土曜日から本格的に解体が始まったリセット住宅のS様邸に行ってきました

今日は2階の解体が進んでいて、1階は殆ど手つかずのままの状態でした

解体して新築する場合は「解体」が目的なので、悪い言葉ですが「容赦なく」できますが、リフォーム・リノベーション・リセットする場合、まったく違う世界になります。肝心な個所は残す、釘1本も丁寧に抜き取る作業が伴うために時間がかかります。機械ではなく全てが人間の手で行うことをご理解ください

160711DSC00169 (1).JPG1階の和室はとてもきれいなので手を加えるのがもったいないような?でもリビングから廊下を挟んで反対側の別室にあったので、殆ど物置状態だったとのことでした

160711DSC00169 (2).JPG160711DSC00169 (3).JPGリビングキッチン、床下で排水漏れが新築当初からあったそうで、何度も修理したそうですが床下の湿気は解消できなかったとのことでした。それが原因で一部の床が黒ずんでいました。冬の寒さが半端なかった一因はその湿気でもあるかと思います

160711DSC00169 (4).JPG

洗面浴室、この当時水漏れ防止に洗濯パンを置いていたのですが、掃除がしずらく埃&汚れの温床になってしまって今では使わなくなりましたねぇ

160711DSC00169 (5).JPG2階の解体で、壁にはグラスウールが入っていたのですが、天井には断熱が1枚も入っていなかったそうです。だから夏は暑くて寝苦しかったのか・・とS様の言葉

画像は撤去したグラスウールですが、端々一部色は変わっていましたが、20数年経っても雨漏りもなかったと思える安心できる状態でした

160711DSC00169 (6).JPG

2階は外壁・断熱材・サッシも取り除かれて、構造材と屋根、床、外部の防水シートが残された状態です。構造材は特に問題はありませんでした(床もいずれ撤去します)

1階も同じようになったら、布基礎に防湿コンクリートを施して湿気を封印します。大工さんが入るのは7月末辺りになります。1階の床下がどんな状態か?心配ではあります

160711.JPG

160711-2.jpg

上の画像2枚は築50年の家をリセットしたリビングキッチンです。リセット住宅モデルハウスで変わったさまをご覧いただきたいです

S様邸も11月にはこのような姿に変身する予定です。S様、住み慣れた家から引っ越されてご不自由をおかけしますが、楽しみに待っていてください!今年の冬は本当に暖かい家でお正月を迎えて頂けると思います


-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --

香取市注文住宅ウィズホーム

http://www.withhome-k.com/

« TOTOショールーム | 一覧 | 成田市F様邸上棟2 »

pagetop