Follow us

Staff Blog

住宅ローンの事(その1)返済負担率って・・・

2017/04/28

こんにちは


格さんで御座います。



ウィズホームは、働く女性が輝く会社!


「女性とつくる女性に優しい家」


社長始め・・・5名の建築士中、女性設計士が4名在籍し、お施主様とのお打合せも女性ならではの提案が随所に盛込まれ~いつも楽しそうに打合せをしております。




そんな女性中心の明るい会社という事が認知されているのか~


先日、お施主様の家完成内覧会で・・・


格さんがお客様をご案内させて頂こうとすると~


なんで男性がいるのよ・・・と手厳しいお言葉(苦笑)


格さん:「はい!申し訳御座いません。モデルハウスのご案内や建設用地探し、住宅ローンのご相談等は、男性スタッフも対応させて頂いております。」


とお答えさせて頂き、ご案内をさせて頂きました。


column_pict00078.jpg


そんな男性スタッフ格さんの重要な仕事の一つが・・・


「住宅ローン相談」で御座います。


今回は、ちょっと真面目に・・・家造りにはかかせない住宅ローンのお話をさせて頂きます。


そろそろマイホームを考えようか?と思った時・・・


住宅ローンっていくらまで借りれるの?と考えますよね


例えば職場で、以前新築した先輩に相談したら~


3000万円位は大丈夫じゃない!とか


年収の6倍位までは、ウチの会社ならOKだよ・・・


なんて会話があるそうです。


間違いではないのですが・・・


いくらまで借りれるの?と言ったら下の表にある


「返済負担率」の範囲内という事のなります。


hennsaifutan.jpg


この表に現在の住宅ローン以外の借入と金利を加味し計算されます。


具体的には、年収401万の年間返済可能額は、1,403,500円となり


月々約116,958円までのローン支払いが可能となります。


負担率が下がる、年収399万円では、地銀やフラット系で考えた場合どうなるかと言うと・・・年間1,197,000円で月々約99,750円となります。


年収2万円の差が、住宅ローン借入可能額にどの位影響するかと言うと・・・



フラット系で考えた場合4月金利(9割以下)が1.120%なので


年収401万円の場合、35年ローンで借入額約40,600,000円/月々約116,892円まで可能となります。


年収399万円の場合は、同様に35年ローンで借入額約34,600,000円/月々約99,617円まで可能となります。


いずれも住宅ローン以外の借入が無い場合ですが、年収2万円の差が、借入可能額ではなんと6,000,000円もの差になります。




そしてもう一つ・・・


上記は、フラット系で計算しましたが、地銀系で計算すると10年固定の店頭金利が基準となりますので、3.25%で計算されます。


同じ返済負担率35%でも金利が違うと・・・


年収401万の場合35年ローンで借入可能額約29,300,000円/月々約116,888円までが可能となります。


(実際の金利は10年固定で3.25%から-1.5~2.2位の優遇あり)


返済負担率を考える場合、基準となる金利が違うだけで、これだけの差となります。



ここだけ考えると、年収400万以上、フラット系での融資が一番良いかな~と思ってしまいますが・・・どうでしょうか?




長くなってしまいましたので、今回は、借入金額の上限は、返済負担率で決まり、基準金利や年収によって違ってくる事が伝わればと思います。




また住宅ローンの事をブログUPする機会がありましたら・・・よさそうに思えるフラット系の落とし穴を披露したいと思います。(苦笑)





住宅ローン相談等もお気軽にご用命下さい。


男性スタッフも頑張っている~




女性設計士 新築 注文住宅 ウィズホーム




-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --

香取市注文住宅ウィズホーム

https://www.withhome-k.com/