Follow us

Staff Blog

BinoAllenモデル地盤調査

2020/03/08

こんにちは


格さんで御座います。



既にホームページ等でお知らせしておりますが・・・


スキップフロアと自然素材・・・


家族がつながる~自由空間の家



facade001.jpg



Bino Allen 佐原モデルハウスがいよいよ着工となります!




まずは、あたり前ですが・・・地盤調査から開始!



DSC_1385.jpg



スェーデン式サウンディング試験!


SS試験と呼ばれ、先端に設置されたスクリューポイントを地中にグルグリと貫入させていきます。


こちらの機械は全自動式ですが、100kgのウェートを装着したロッドが、25cm貫入毎に何回転しているかを計測します。


ゆるい地盤では、回転数が少なく


固い地盤では、当然回転数が多くなります。


軟弱地盤と呼ばれる場合は、回転せずにスゥーと貫入して行き・・・


100kg→75kg→50kgとウェートもどんどん軽くなります。


無回転で貫入してしまう地層部分は、自沈層と呼ばれ


自沈層が連続すると・・・軟弱地盤と判断される場合が多く


安全に建物を支持する場合は、地盤補強工事が必要となります。







格さんにしては、珍しく難しい事を書いておりますが・・・


自分達が新居を建築しようとしているエリアの地盤はどうかな?


と思いましたら・・・



こちらの~地盤安心マップを  ↓ クリックして見て下さい。


https://jam.jibanmap.jp/map/main.php


青は通常基礎で施工したエリア


赤は地盤補強工事が必要なエリアとなっております。



但し、地盤は少しポイントが外れた場所で大きく変わるケースもありますので、あくまでも参考程度にお考え下さい。



確実な事は、建物の4隅と中央を信頼出来る調査会社に依頼する事となります。


地盤調査や敷地調査等~建上地について調べて欲しい等も遠慮無くお問い合わせ下さい。











地盤調査 敷地調査 Bino モデルハウス



-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --

香取市注文住宅ウィズホーム

https://www.withhome-k.com/